deredere-otoko-1

僕は現在32歳で、プログラマーをしています。24歳の時、デレデレの21歳の大学生でカフェのアルバイトをしている子と付き合っていました。彼女と付き合うまでは、5人の女性と付き合ったことがあります。

彼女は私の近くのカフェでバイトをしていて、僕はそこの常連でした。そこの常連となった理由は一目ぼれしたからです。それから少しずつ話しかけていき、3か月後にはかなり仲良くなり、そこのオーナーの人とも仲良くなっていました。

そしてそこのオーナーの人に彼女がいない時に「実は彼女に一目惚れして通い始めたんです」と笑いながら行って、オーナーの人も「応援してるよ」と笑顔で言ってくれました。それからオーナーの人が何かと気を使ってくれたので、仲を深めることも、より一層出来るようになりました。

映画が好きなのを知っていたので、ある時、彼女が観に行きたいと言っていた映画のチケットを手に入れて、意を決して誘うと喜んでOKしてくれ、最初のデートで告白をして、それから付き合うことになりました。

彼女をデレデレにした4つの方法

別れ際、頭ポンポン

年下の女性の彼女というのは男性にちょっとした子供扱いをされると、とても嬉しくなる人が多いみたいです。僕がいつもデートの別れ際に「またね」と言って頭をポンポンとすると、見て分かるぐらい照れたような嬉しそうなとても良い笑顔になって僕に抱き付いてデレデレしてくれます。その時僕も胸がときめきます。

ねぇねぇ、好きだよ

事あるごとに「○○ちゃんは可愛いなぁと言って頭を撫でたりすると、いつも僕に抱き付いてくれました。他には会話が少し無くなった時とかに彼女の方を向いて「ねぇねぇ」と声をかけると、「なぁに?」ときょとんとした顔で僕の方を向きます。

そうして耳元で「好きだよ」というと、照れ笑いをして「あたしも好き」とデレデレとした声で言ってくれたりして、かなりベタベタのカップルでした(笑)

さりげない優しさ

また、手を繋いで歩いている時、車が走るほうに彼女がいると、さりげなく僕が車の走る方へ移動すると、とても喜んでくれました。

サプライズ

好きな物や今欲しい物をさりげなく聞いて、そのことを覚えておき、あるデートの時にレストラン等でトイレに立った時等を見計らって、席の前に欲しがっていたものを可愛く包装して置いておきます。

そうすると戻ってきた時に凄く嬉しそうな驚きの混じった顔で「えーこれなに?」と言うので、僕が「開けていいよ」と言って、その場で開けると、それは前から欲しがっていたもので、声を抑えて「凄く嬉しい。大好きありがとう」と感極まった声で言ってくれます。

僕はそのデレデレした反応を見るのが好きで色々な方法でサプライズプレゼントをあげました。

デレデレ彼女との出来事は今でも良い思い出です

デートの別れ際での「またね」と言って頭をポンポンとすること、さりげない優しさ、会話が無くなった時に耳元で「好きだよ」と囁く、サプライズのプレゼント。この4つは何度しても飽き足らないぐらい、いつも同じ反応を示してくれます。

僕は3年間ほど交際をしましたが、ずっとその4つの事は欠かさずにしていました。女性はそういったことに、ときめいてくれるのだろうなぁとしみじみと思います。

今でもたまに彼女のことを思い出しますが、あの時の笑顔や喜びと驚きの混じった声と表情は鮮明に思い出すことが出来ます。僕が今まで付き合った女性の中でも、彼女だけは本当に特別な女性だったなぁと感じます。