20over-onna-9

私は現在37歳で専業主婦をしています。当時彼と出会った時の年齢は、23歳です。仕事はアミューズメントパークの社員をしていました。当時の彼の印象は、スリムでダンディで大らかなおじさんで恋愛対象ではありませんでした。

私は調理師の専門卒でしたが、卒業した当初に就いた飲食店の調理場にどうしても馴染めませんでした。それというのも、職場には男性がほとんどで、調理師の免許はあれど、力と体力の差を圧倒的に見せつけられて輪に入れませんでしたし、疲れ切ってしまい続けていくことができませんでした。

せっかく取った免許も、宝の持ち腐れなのだろうか、それとも、この免許は宝にも値しなかったのだろうかと悲しくなりました。出鼻を挫かれて挫折してしまい、それからはフリーターになってコンビニやファミレスバイトを転々としていました。

その合間にも、休みの日には友人と遊園地などのアミューズメントパークに行く事が大好きでした。そこで気が付きました。調理でなくても自分を楽しませる事の出来る職場で働けばいいんだ!と思い、一番お気に入りなアミューズメント施設の面接を受けることにしました。

面接に合格!エリアマネージャーの彼はよくしゃべる

そして久々にスーツを着て、面接に臨むことに。面接官は、バリバリ仕事をこなしていそうなスリムでダンディなおじさんでした。目はクリッとして可愛らしかったです。彼の左右に1人づつおじさんがいましたが、質問をしてきたのは彼だけでした。

面接を終えた数日後、合格通知が届き、晴れて入社することになりました。調理師の免許があるからということで、施設内の飲食店配属になりました。

まずは店舗に入って現場で仕事をしてみるように言われ、最初はアルバイトの子達と同様の仕事をしていました。慣れてきたら仕込みの管理やシフトの管理など、新しい仕事が増えていきました。

私を採用してくれた面接官は、ちょくちょく私の様子を見に来ては店長との話もそこそこに、私に話かけてきました。その面接官は、私の働く店舗を含んだエリアマネージャーをしている人だと知ったのは、入社してからの事でした。

エリアマネージャーを邪険にはできませんでしたが、覚える事があまりにも多かった私は、邪魔しないでほしいと思ったものでした。彼は私に、お前はいじめ甲斐があって面白いな、と良く言ってきました。考えてみれば彼は、この時から恋愛感情があったのでしょう。

だれが20歳も年上のおっさんと付き合うか!恋愛感情なんか一切無し

それからは順調に仕事をして、1年経ちました。お店の管理も出来るようになり、店長ともうまくコミュニケーションを取れており、万事がうまく運んでいました。

ある日店長が、外せない会議が入ったので、その日にエリアマネージャーと行く事になっていた飲食展覧会に代わりに一緒に行ってくれないかと言いました。どうやっていくかは直接話してと言われたので、エリアマネージャーのオフィスに行って話をしました。

彼の携帯番号を知り、メールを交換し、職場から一緒に展覧会に行くことになりました。エリアマネージャーは(以後エリマネと呼びます)普段はカジュアルな格好をしていましたが、その日はスーツを着ていて、不覚にも20歳年上のおじさんにときめいてしまいました。

彼は電車の中で、「こんな所を施設内の従業員に見られたら、付き合ってるとおもわれるなー」なんて言っていました。私は、心の中で誰が20歳も年上のおっさんと付き合うか!恋愛感情なんかありませんよ、と悪態をつきました 笑。

20歳年上のおっさんとホテルにいっちゃいました

無事に一通りのブースを見終え、エリマネは「何か食べに行くか?」と言ってきましたが、「試食を沢山したのでお腹いっぱいですよ」とさり気なくお断りしました。「じゃあ飲みにでも行くか!」と言われ、断る理由も無かったので行きました。

呑むと更によく喋る人で、ジェネレーションギャップを感じさせる話を沢山していました。私は相槌を打ったり、笑ったりするだけで、彼のご機嫌は最高潮になりました。挙句には呑まれてしまった彼は、私にベタベタしてきてホテルに誘ってきました。

私も酔っていて、恋愛としてはみていなくても、彼の事は嫌では無かったし、何故かまあ良いかと思ってしまい、一緒にホテルに行きました。テレビについていたカラオケ機能で彼はカラオケをしていましたが、選曲が古くてどうしようかと思いました。

見た目が若かったからオッケーだったんだと思います。結局彼と関係を持ってしまいました。ずっと可愛くて仕方が無かったと言われ、ちょっと20歳年上のおっさんに言われて引きつつも、これも恋愛としてアリかなと思いました。そこがお付き合いの始まりになりました。

秘密の交際から結婚!年齢も考えてお酒は控えて、愛してるから

後で知ったのですが、彼はバツイチでした。職場恋愛は禁止ですので、それからは職場の人には内緒の、秘密の交際が始まりました。彼の体裁を保つ為にも職場ではあくまで上司と社員の関係でいました。

そのままお付き合いをしつつ仕事を続けて27歳になった私に、彼はプロポーズをしました。私はその当時、配属された店舗の店長をしていました。

元々年上の人は嫌いじゃありませんでした。20歳の時は10個上の人と付き合ったこともあったし、エリマネに関しては見た目が10歳は若く見えたので、最初こそ恋愛としては見ていませんでしたが、年齢時には大して抵抗がありませんでした。

昔から男性女性限らずに年上の人と遊ぶのが好きで、安心感がありました。現に彼(夫になりましたが)も、包容力があって、私のわがままも聞いてくれて、お茶目というワードがぴったりな人です。

今では私は37歳、彼は57歳です。子供は1人で今9歳です。酒が大好きな人なので、子供が成人したら一緒に酒を飲みたいと言っていますが、普段からよく飲むので肝臓にストレスがかかっているのか、顔色が良くないような気がします。

子供の為にもアルコールはなるべく控えてとにかく長生き出来るようにしてほしいです。