20over-onna-6

私は現在45歳の専業主婦です。夫との出会いは25歳の時で、派遣社員の仕事をしていた頃です。派遣の仕事では、一人暮らしの生活費を賄うには足りなかったので、週に3回スナックでアルバイトをしていました。

当時の私は、身長165cm、体重48kgのスレンダーな体形で、芸能人でいうと大塚寧々に似てるって言われてました。一応、体重は今も48kgをキープしていますが、ボディラインは年には勝てず、崩れつつあります。

夫は私よりも20歳上で、現在65歳です。出会いの時は、45歳の無職のくせに、毎晩飲み歩いていたとんでもないオジサンでした。でも、目鼻立ちがはっきりとしていて、目力の強い感じが俳優の佐藤浩市さんに少し似てて恰好良かったんです。

出会いの詳細は、スナックでバイトをしていた時に、仲の良かった同じ年の女の子から、出勤前にご飯を食べに行こうと誘われた時に、「気になる人が出来たから、その人を連れて来てもいい?」と、言われて断る理由も無かったので「いいよ」と、言ったら、将来、夫となる男性を連れてきた。というのが始めての出会いです。

無職なのに金回りがいい!スナック通いのおじさんは実は凄い人だった

友人は、私がスナックに出勤していない日に、お客として飲みに来ていた夫と出会い、仲良くなったらしいのですが、「無職なのに金回りのよい男性って怪しくない?付き合っても大丈夫か判断して欲しいから、一緒にご飯を食べに来て欲しいんだけど」と私に意見を聞きたいというのが誘った理由でした。

当時の夫は、丸坊主にトレーニングウェアの上下という明らかに怖い感じの印象がありました。

でも、3人でご飯を食べながら色々な話をするうちに、20代の頃からロンドンの金融市場でトレーダーとして働いていたことや、向こうで1度イギリス人と結婚したけどすぐに離婚したバツイチだということなどが分かりました。

金回りがいいのは、半年前に、ロンドンで働いていた会社を辞めた時の退職金がかなりあるから、ということも分かりました。

携帯の番号を交換

当時、海外旅行に行ったことの無かった私は、海外生活が長く英語がペラペラな人と会うのが初めてだったことと、怖いルックスとのギャップにすっかり面食らってしまいました。

その日は、そのまま3人でスナックに出勤して、楽しくお酒を飲みましたが、次の日私が派遣の仕事があったので、終電に間に合うように上がらせてもらうと、夫も帰ると言って、一緒に駅まで歩いて帰りました。

その時に、携帯の番号を交換したのがきっかけで、連絡が来るようになりました。

スナック以外でデート!楽しくて飽きませんでした

私の友人は、夫のことを気に入っていたのですが、夫の方は友人の金遣いの荒さやタバコを吸うところがダメだったみたいでした。でも私とは文学の話や、スポーツの話など趣味が合っていたので、話しやすかったみたいです。

夫は、とてもストレートな性格なので、電話やメールで「今日暇だったらデートして下さい」と、誘ってくるタイプの人でした。でも、デートといってもご飯を食べに行ってずっとしゃべっているだけで、ロマンチックなドライブデートや映画を見に行くといったことはいつまで経ってもありませんでした。

でも、頭が良くて海外経験も長いので、お喋りは、とても楽しくて毎日会っていても飽きませんでした。年齢が20歳も上なのに、頭が切れてとても若々しい男性だったので、おじさんと付き合ってるという感覚はありませんでした。

それに、無職とはいっても海外でトレーダーとしての経験があったので、日本でも口座を開設してFXで稼ぐと言っていたので、経済的な不安はありませんでした。

特に、付き合って下さいといった告白はありませんでしたが、気が付いたら付き合っていたって感じです。付き合って、3年経った時に妊娠が発覚したので、自然な流れで結婚することになりました。

一緒にいて楽しかったから好きになり、結婚までしていた感じです

付き合うなら年上の男性がいいとは言っても、せいぜい5歳くらい年上しか想定していなかったし、20歳も上の人と出会いもありませんでした。

まさか自分が20歳も上の男性と結婚するとも、もちろん、思ってもいませんでした。特にファザコンとかでもなくて、本当にただ一緒に居て楽しかったから、お互いに好きになったという感じです。

夫は、少年のような真っすぐな性格で、間違ったことは絶対に許さない人なので、知らない人にもいきなり説教をしてしまいます。でも、相手と喧嘩になっても、喧嘩をした後は、仲良くなってしまう歩く友達製造機といった感じです。

家によく友人を連れて帰ってくるのですが、いきなり5人くらい連れてきてご飯を作られされるので、困ってしまいます。

出会いから20年以上経っても保護者目線!でも愛しているので長生きしてほしいです

あと、私のことを出会いから何年も経っているのに、未だに保護者目線で叱り付けることがあるので、イラッときます。心配なのは、分かるんですが外出する時にもっと暖かい服を着なさいとか、手袋をしなさいなどと言うんです。

一緒に映画やドラマを見ていると、若いころに流行っていた女優さんや俳優さんの名前を言うのですが、お互いに分からない時があるので、年齢差を感じます。

夫が海外で働いていた期間に日本で流行っていた80年代に流行った映画は、丁度私も映画館の無い田舎町に住んでいた時期なので、一緒に80年代の日本映画を見て楽しむことがあります。

夫は、短気で高血圧気味なので、なるべくリラックスして長生きしてもらいたいです。