私は現在、28歳の専業主婦です。現在の旦那とは、約1年半ほど前に友人の紹介でお付き合いすることになったのですが、それまでは1年ほど恋人がいない状況が続きました。

その時の私の年齢は26歳で、金融機関で働いていました。周りはどんどん結婚し、早く彼氏を作らなくては…と気持ちだけが焦っている時期でした。

その頃、世間は街コンブームでいたるところで開催されていましたが、私は「どうせ街コンなんて良い人は来ないだろうなあ」と積極的に参加はしていませんでした。

しかし、早く彼氏はほしかったので、友人が開いてくれる合コンには週に1回ほど参加していました。それほどたくさんの合コンに参加しても、良い人にはいっこうに巡り合えず、そのうち合コンも尽きてきた頃…。友人に少し興味深い街コンに誘われたのです。

同年代限定の街コンに参加!昼のパーティーだったので終電を気にする必要もなかった

それは株式会社Rootersが主催の「80’s生まれ同世代パーティー」というものでした。26歳にもなると、合コンへ行っても、年下が来ることが多く、結婚を考えると年上の安定した人が良いなと思っていた私。

そんな私にとって、80’s生まれ限定という設定は、とてもありがたいものでした。合コンもしばらく予定がないし、土日も暇だし…と思い、初めての街コンに参加することを決めました。

街コンというと夜のイメージでしたが、それは14時からスタートだったので、終電を気にする必要がなく、気楽に参加することができました。

14時ぎりぎりに大阪の会場に到着すると、そこには80名ほどの男女が!こんなに人が集まるんだと驚きました。席につくと、司会の方から説明があり、男性が15分毎に席替えを行い、時間が許す限り色々な方々と話ができるというものでした。

ほとんどの男性が女性と会話のできない!帰ろうとしたその時・・・

最初の1組は非常に爽やかな男性2人組で、失礼ながら、街コンにもこんな人が来るんだ…と思ったのが正直な感想です。私もその方もテニスを趣味としており、話が盛り上がったのでLINEを交換しました。

15分が経ち、席替えが行われ、その後3組くらいの男性と話をしたのですが、はっきり言って話を広げられない人ばかり。こちらから質問をして、やっと会話が成り立つ状況でした。

あまりにも話が盛り上がらず、友人と2人でトイレに経って、時間を潰す時もしばしば(笑)もう帰ろうかなと考えていたその時、かなり遠い席に座っていた2人組が私たちの席の前に飛び込んできました。

素敵な男性と出会う!これって運命?エレベーターでまた出会う

その2人は、遠くの席から私たちを見て、絶対に次話をしようと思って移動してきてくれたと言うのです。2人は私より4歳年上で1人は営業、一人は研究職として働いている方でした。

とにかくよく喋り、笑わせてくれる2人。しかし、自分勝手に話をするのではなく、私たちにもたくさん質問をしてくれ、15分があっという間に過ぎ去りました。

16:30、街コンが終了し、帰りのエレベーターを待っていた時に、その最後に話をした2人組に偶然出会いました。私は心のどこかでまた会えたらなと思っていたので、声を掛けられた時は思わず笑みが溢れました。

少し話をして、ディナーの時間までお茶をすることに。何の話をしたか今となっては覚えていませんが、とにかく楽しくてまた会いたいと思ったのを覚えています。

交際にまで発展するが遠距離恋愛で別れてしまう

その男性の1人とは毎日LINEをするようになり、4回ほど食事に行った末、なんとお付き合いすることになりました!事情があって、遠距離恋愛となってしまったため、すぐに別れることになりましたが、その方は私をとても大切にしてくれました。

食わず嫌いの食べ物が多かった私を、絶対美味しいから!と言って、色んなお店に連れて行ってくれ、彼のおかげで好きになった食べ物が今でもたくさんあります。

街コンでは良い人に巡り合えないと思い、なかなか参加をしなかった私ですが、とても良い意味で裏切られる結果となりました。この経験を通して、私は自分の狭い価値観で決めつけて、出会いのチャンスを自ら狭めてはいけないということに気が付きました。

それは、恋愛だけではなく、全てのことに言えると思います。何事も決めつけず、どこにでも、誰とでも、積極的に飛び込むことで、人生はもっともっと豊かになります。