40_dokusin_otoko-onna-7

30歳の専業主婦で三人の子供がいます。私が思う40代独身男性のイメージは、「箱入り息子」です。私の親戚、そして主人の親戚に一人ずつ、40代独身男性がいます。

その二人には共通点が沢山あるのですが、まずは恋愛経験に乏しい(家族が知る限り、皆無)ことです。

親が言うには、これまで女の子の話題が出たことも無いし、女友達などがいるようでもない。社会時に出てからも女性との接点がないようです。

もちろん、通常の生活を送っていれば、何かしらの接点はあるはずですよね。しかしこの独身男性達は、女性と徹底的に喋らないのです。

緊張?そこに存在していないよな振る舞い!怖いの?

親戚同士で集まった場に女性がいても、あたかも目に入っていないかの様にふるまい、一切目を合わさないのはもちろん、そちらを見ないのです。

親戚が「〇〇ちゃんは結婚しないの~?」など、その場にいる独身女性に話題を向けようものなら、表情が完全にフリーズ。

その話題が終わるまで完全停止状態で、終わると何事もなかったかのように、全く別の話題を始めます。まるで「僕には女性の話なんて、一切聞こえませんでしたよ」と言うかのように。

おばちゃんには心を開く!やっぱり怖いの?

そんな彼らが唯一、交流を持てる女性のジャンルは「オバちゃん」。既婚で中年以上の女性に関しては心を開けるようで、生き生きと喋っています。

おかげでおば様軍団からは大変気に入られ、「うちの娘の婿に欲しかったわ~」と言われることもしばしばですが、その娘と言うのはとっくの昔に結婚しているのです。

そこで何を勘違いしたのか、彼らの母親たちは「うちの息子は優しい、優しすぎるから奥手なんだ」と思い込んでしまうのです。

確かに母親とオバちゃん達には異様なほど優しいし、奥手であることは間違いありません。しかし私のような年下の女には、エレベーターで乗り合おうとしても『締める』ボタンを高速連打してくる有様なのです。

意識のしすぎがダメなんだよ!もっと自然に接してみようよ

きっと彼らは、どんな風に異性に優しくして良いのか分からないのかもしれません。オバちゃん達に優しいのは、母親と同じカテゴリーの人間だからだと思います。

しかし、変に意識してしまうからいけないのであって、同じ優しさを独身女性に向ければ大概は感謝されるのではないかと思います。

庭で採れた果物を差し入れるだとか、軽トラで家まで送ってあげるだとか、田舎住まいなだけあって彼らの気遣いは恋愛テクニックとは少々風味が違います。

しかし、晩婚化が進んでいるだけあって、アラサー・アラフォー独身女性が『普通の優しい人なら何でも良い!』とか『遊び慣れしていない真面目な人が良い!』と叫んでいるのをよく耳にします。

10代20代では見向きもされなかった男性達が、少し年を取ってから日の目を見ることがあっても良いのでは・・・と思っていますが、私の最大の疑問は「なぜ30代で本気を出さなかった!」という事です。

結婚できないのは母親のせい!あと、息子は自分の考えとかないの?いいなり?

ここでまたもや登場するのが彼らの母親です。子離れという言葉を裏の山奥に投げ捨ててきたかのような、息子への愛が止まらない母親達です。

まず母親が息子と行動を共にし過ぎる。休日は一緒に食事。手料理を作ったからと息子を呼びつける。イベントの際は旅行。40代息子との旅先でのツーショットを親戚に自慢している有様です。

私の親戚に至っては、30代後半になった独身男性のために、やっとの思いでお見合いをセッティングしたのに、母親が難癖をつけて破談にしました。その理由は、「うちの息子には釣り合わない」とのこと。要は格が違うとおっしゃりたいのです。

息子は有名大学を出ているのに、相手は短大卒だ。息子は公務員なのに、相手のは一般企業の一般職だ。などなど。

そこ、ほんとに重要ですか?と聞きたくなるような事ばかり指摘して、ああだこうだと言っているうちに本人の気持ちが削がれてしまったようです。相手も強いて話を進めたいようではなかったため、ご破算になりました。

母との時間を捨てよ、町へ出よう

40代の独身男性に、この先チャンスがあるとしたら、それは奇跡的な確率であることは確実です。だとしたら、そのチャンスを棒に振るような要素は予め排除しておくべきです。

いったいどこの女性が、40代になっても母親にべったりの男で、何かとあると口出ししてくるような未来の姑との抱き合わせ商品を買ってくれるのかと。せめてその、セット販売は辞めるべきではないでしょうか。

もしこういった男性達に、今からでも母親と適度な距離を置いて、休日は新たな趣味を開拓したり、他の女性たちと交流するような勇気があれば・・・と思わずにはいられません。

なぜなら、モテる・モテないで言えば辛口な評価をしてしまいがちですが、結婚して家庭に入ってしまえば、やはり物を言うのはその人の性格だと思うのです。

華の青春時代も真面目に過ごし、こつこつ働いて貯金してきた彼らですから、結婚生活にも向いていると思います。面白味はなくとも、良い夫・父親になりそうなタイプだと思うのですが・・・。

最大の関門は、脱・箱入り息子をできるかにかかっている、と個人的に思っています。