ペアーズ(Pairs)はここ数年急激に力をつけてきた、安心で安全なマッチングアプリ「婚活・恋活サイト(アプリ)」ですが、少なからずトラブルや被害もあるようです。

初めてネットアプリを使う方にとっては不安な事も多いと思われます。そこで、実際にトラブルや被害にあわれた方に体験談をお聞きしました。

これからペアーズを利用しようと思っている方は、どんな危険があるのかを心に留めて置くだけでも最悪の事態を避ける事ができると思います。

ペアーズで多いトラブルや被害

ペアーズで女性が遭遇しやすいトラブルや被害

女性が騙されるとトラブルや被害で多いのが、男性が嘘をついていたということです。既婚者だったり、会ったら別人みたいだったということですが、その理由に年齢のサバをよむ、写真が違うなどがあります。

ペアーズは年齢認証するので年齢を偽れないはずですが、他人の免許証で登録しているのでしょうか。

男性側に非がある被害としてはスターカーまがいの行為にあったという人もいます。こちらに気がなくても向こうに気があった場合つきまとわれる危険性もあります。嫌なものはイヤとはっきり伝える勇気も必要です。

その他、業者関係の項目もあります。ねずみ講、マルチ商法、別サイトへ飛ばされる。などです。これらの業者の問題はペアーズは特に力をいれて排除するように努めていますので安心です。

しかし、男性に問題があるトラブルや被害については、見抜く目も必要になってきます。

ペアーズで男性が遭遇しやすいトラブルや被害

女性ではない美人局の被害は男性特有といえます。

※以下より、ペアーズで女性が遭遇したトラブルや被害を紹介します。

1.相手家族との人間関係が原因で別れた 27歳女性

被害時の年齢:25歳

当時20代後半で彼氏もおらず出会いも全く無く、結婚も意識していたので、真剣にお付き合い出来る様な良い出会いがあればと思い、ペアーズを利用し始めました。

何人かとメッセージのやり取りをし、実際に3人の方とデートをしてみて、その内の1人と無事お付き合いがスタートしました。お互い車で15分程の距離だったので、時間が合えばデートを重ねていました。

付き合い始めて1週間も経たないうちに相手の両親と食事をする機会がありました。それからというもの、休日は2人だけで過ごす時間はほとんどなく、相手のお母さん、お兄さんの趣味などに付き合わされる事が多くなってきました。

最初は気に入ってもらえたのかな?と嬉しく思っていたのですが、自由に過ごす時間が無くなってきて、正直人間関係に疲れてしまいました。

相手とも話をして、2人暮らしを始めてみようかと提案してくれました。お互い成長する為、2人で過ごす時間が増えるかもと期待して楽しみにしていたのですが、相手の両親に伝えると断固として認めてもらえず、家族総出の話し合いにまでなりました。

明確な理由は分からないまま、結局2人暮らしの話は流れてしまいました。その話し合いが大きなきっかけとなり、周りとの人間関係のトラブルに嫌気がさし、お別れする事にしました。

1年程お付き合いしたのですが、時間の無駄だったなとまで思ってしまいました。

2.金銭トラブル 27歳女性

被害時の年齢:25歳

当時周りが結婚していく中で焦りを感じ始め、真剣に婚活しようと思い、ペアーズを利用し始めました。

トラブルがあった男性とは、車で2時間程と少し距離がある方でしたが、マッチング後のメッセージのレスポンスは早いしやり取りも面白く、仲良くなるのにそう時間はかかりませんでした。

1回目のデートで良いなと思い、デート後も変わらずやり取りはしていたので、相手も同じ気持ちでいてくれているのかな?と思っていたところ、お金を貸して欲しいと言われました。

金額は3万円程で、まだ付き合ってもいないのに貸すのはどうかな?と思いましたが、私しか頼る人がいないのかと貸してしまいました。

貸してからメッセージのレスポンスが遅くなったりと、もやもやが残りましたが、何度かしつこく連絡をして、ちゃんとお金は返して貰いましたが、その方とはそれっきり連絡取っていません。

3.待ち合わせ場所に来なかった 24歳女性

被害時の年齢:22歳

ペアーズで連絡をとっていた男性と会うことになりました。日時、場所に間に合うよう向かいましたが、1時間たっても来ません。再び連絡し所在を確認しましたが、その後連絡は来ることがありませんでした。結局一人で帰りました。

その男性にとっては連絡を取るだけの関係でいたかったのかもしれません。しかし、男性から会おうという連絡が来ていたから応じたのに、なぜか待ち合わせには来てくれませんでした。

もし、連絡だけでいいのならペアーズでマッチングしていないのにな、と思いました。今後はそういう人もいることを頭に置いておかなければならないと思うと、ちょっと面倒くさいかも…と思うようになってしまい、今は退会してしまいました。

本当はもっといい人もいたかもしれませんが、残念です。

4.10歳サバを読むストーカー男とのトラブル 25歳女性

被害時の年齢:24歳

私はFacebookの広告を見て、「Facebookに広告が出てるくらいだし安全そうだな」と思い始めました。何人かの人とやり取りをしていて、特に話が盛り上がった人とお互いに住んでいるところも近くて年齢も近いから実際に飲みに行くことに!

いざ、待ち合わせをして見ると公開されていた写真よりも見た目がだいぶ異なる人が現れまぁ、「写真と異なるのはあるあるだろうな」と、とりあえず近くのお店に行きました。

話をしていると、どうも年齢が近いはずなのに話が噛み合わない事が多々あり、見た目がかなり若く見えるので、まさかなと思いつつも疑わしくなり年齢を聞いて見ると10歳もサバを読んでいました…

理由を聞いて見ると「年齢が近い方が会ってくれると思ったから!本当に彼女が欲しいんだ!」と、力説をされました。

アプリ内での印象とは違うなと思い、じゃあ、そろそろ帰ろうとお会計をしようとしたら、ここは俺が出すからと言われ、その後2件目は、その人の家に行こうとお誘いされました。だいぶしつこく・・・

アプリ内でしかやり取りをしていなかったのですが・・・と思いつつ、友達と会う約束があると嘘をついてなんとか帰りました。

次の日アプリを開いてみると「まだ友達と会ってるの?」「次はいつ会う?」「もう寝ちゃった?」「連絡先の交換しなかったね。」「住んでるところ近いからまた会えるね!」などと一方的なメッセージが来ていていました。

ストーカーまではいかないですがペアーズは安心と思っていた分、少し怖い思いをしました。

5.ストーカー被害 27歳女性

被害時の年齢:24歳

ペアーズで知り合った2歳年上の男性。マッチング後、何度かメッセージのやり取りをし、実際に会ってみないと、お互いどういった雰囲気かわからないからと、デートをする事にりました。

メッセージのやり取りや電話をしてみた印象から、面白くて楽しかったので、実際に会ってみるのが待ち遠しかったのを覚えています。

デート当日、ある駐車場で待ち合わせする事になり、いざ会ってみるとイメージしていた通りの人だったのですが、妙に馴れ馴れしく、まだ付き合っている訳でもないのにボディタッチは多くどこか違和感を感じながら、その日は普通にお別れしました。

私は徐々にフェードアウトしていこうと思っていたのですが、翌日から頻繁に連絡が入る様になり、初めて会って1週間程経った頃から、その人の車が私の職場付近に停まっているのをよく見かけるようになりました。

これはストーカーでは無いのかと思いとても怖かったです。直接メッセージで辞めて欲しいと伝えましたが、改善されなかったので、職場の先輩から伝えてもらい、ストーカーされる事は無くなりました。本当に怖かったです。

6.「嘘つき」「別人」「わいせつ画像」など変な男性がいる 23歳女性

被害時の年齢:21歳

当時、真剣に結婚を前提としたパートナーを探していたのですが、周りはまだ年齢が若くそういった相手を探すのが難しかったため、ペアーズを利用しました。

使いやすくてアプリの雰囲気も爽やかで良かったのですが、男性の年収や画像が本人ではなかったことが何度かあり、実際にお会いしたら別人だった…なんてこともありました。

あと、交際目的ではなくエロ目の人も多くて、メッセージでは結婚を前提に~と言っていたのでLINEを交換したら急に態度が変わってエッチな画像を送れ、や男性の性器の写真を送られたりとかなり嫌な思いをしたことがあります。

facebookを見ても不審そうなところはなかったんですけどね…。こういうアプリは男性側がトラブルの被害(サクラだった・写真の加工がひどかった)が多いイメージだったので、当初はかなりビックリしました。

7.10年前の写メを使う既婚男がいた 30歳女性

被害時の年齢:27歳

私は長く付き合った彼氏を早く忘れたいとペアーズを開始しました。自分からはメッセージを送ることに抵抗があったので、自分宛に来たメッセージを返すことが多かったです。

そこで3つ年上の男性と知り合いました。彼は私と趣味がばっちり合っていたので、話す時も楽しくて仕方ありませんでした。それにプロフィールも魅力的だったので、本当に素敵な人なんだなと感じていました。

ある日彼と会う約束をしました。私は彼なら信頼できるしいいかなと思い会うことにしたのです。待ち合わせ場所に来た彼は、プロフィールと違う人で「この人誰?」って感じでした。貰っていた写真ともまったく別人で、あれは?と聞くと10年前だったそう。

もう騙された気持ちになってしまいました。でもこれで別れるのは失礼だと思ったので、ファミレスでご飯を食べました。その時に、彼は言ったんです。「俺、結婚してるけど大丈夫だよね?」って。

大丈夫な訳ないじゃないですか。それでOkしたら不倫したいってことですよね。独身しか使えないアプリでどうしてこんな人がいるんだろうって気分最悪で即効帰りました。

既婚者と会うなんて変なトラブルに巻き込まれたので、それからペアーズは使っていません。

8.相手は既婚者でした 35歳女性

被害時の年齢:33歳

ペアーズは他のサイトよりもトラブルが少なくて、既婚者だけどどうですか?みたいな人もいないから安心してお相手を探していました。その時も地元が近くて年齢も理想くらいのお相手に出会ってフィーリングもバッチリだったので大満足の出会いでした。

何週間かLINEのやり取りをして会うことになりました。実際会うとタイプとは少し違ったけどやっぱり性格も好みだし軽く好きになっていたので関係を深めました。

そんなある日、お友達に今こんな人と仲良くしてるって見せたところ友達は固まり、「この人〇〇君じゃない?ってかこのひと結婚してない!?」と言われました。

私はすぐにその方に問いました。彼は悪びれることはなく認めて謝りました。でも離婚調停中だから詳しく話すのも面倒だったとのこと。。

嘘かほんとか分かりませんでしたが、好きだったので関係は続けましたが初めて引っかかったのでとてもショックでした。その後、しばらく仲良くしていましたが急に音信不通になりました。

その友達から後日またまたビックリな報告がありました。奥さんが産休に入ったらしいと。底辺まで沈みました( 笑 )やっぱり人のものは人の物です。それから連絡も止めたし、完全にクリアな人と付き合おうと心に決めました。

9.プロフィール写真と顔が別人だった 25歳女性

被害時の年齢:21歳

周りの友達が彼氏ができはじめて、自分も彼氏が欲しいと強く思うようになりました。仕事柄出会いは全くないので、フェイスブックからペアーズに登録してみることにしました。

本気で出会いたいと思っている人もいると思いますが、騙されたり事件に巻き込まれたりしないか少し不安がありました。

県内で同い年の男性の方と仲良くなり1ヶ月ほど毎日やりとりをしていました。会ってみたいと話になり抵抗がありましたが、悪い人じゃないし大丈夫だろうと思って会うことにしました。

駅で待ち合わせして相手の顔はプロフィールで把握しているつもりでしたが、声を掛けて頂いたときに誰と?思うほど別の顔でびっくりしました。

プロフィール写真は自分の顔ではっきり分かるものにして欲しいです。顔で男性を選んでいるわけではありませんが、第一印象でその方の印象ができてしまうので、顔写真は大事だなと思いました。

プロフィール写真はプリクラやキャラクターなどの写真は登録できないようにしてほしい。

10.違うサイトに誘導された 37歳女性

被害時の年齢:36歳

出逢いがないので、ペアーズで新しい出会いが欲しくて登録しました。ペアーズはサクラもいなくて安心と謳っていたので信用して使ってみた。

初めて「いいね」をいただいて、やりとりを始めることになりましたが、すぐにLINEのID交換を求めてこられ個人情報を教えるのは怖かったので「LINEをしていないから」と断ると、すぐに連絡がこなくなりました。

そん事があったので、2人目の方とは、LINEのID交換を求められてから比較的すぐに、LINEでやりとりを始めることにしました。地元のことなど、知っているような感じの話しぶりだったので信用してしまっていました。

そうすると、LINEでのやりとりを始めて2日目に、「携帯の調子が悪くて、LINEでのやりとりができなくなりそうだ。このサイトからなら、メッセージのやりとりができるから、こっちのサイトに登録してくれないかな?」というメッセージと、URLが送られてきました。

おかしいと思いインターネットで調べてみると、詐欺だという投稿が多数されていたので、その時点でLINE等すぐに削除しました。

11.ネズミ講を勧められた 26歳女性

被害時の年齢:24歳

友達にオススメされて、ペアーズに登録。しばらくして、何人かのマッチングした方が出てきたのですが、その中でやり取りをする中で、仲良くなった人がいたので実際に会ってみることに。

第一印象もよく、それから何度か食事を重ねるたびに仲良くなり、お付き合いさせていただくことになりました。一緒にいて楽しかったのですが、なんのお仕事をしているか聞くとあいまいにされて、少し気になってもいました。

仲良くなったら教えてくれるだろうしそれまで待とうと思っていたのですが、ある日、突然彼が売っているという化粧品を勧められました。

その化粧品は、オーガニック製品で良いと言われたのですが、他の物と比べると値段も少しお高め。断ろうとすると、しつこく商品の良さをアピールされました。

最初から商品を売るのが目的だったのではないかと思い、怖かったので別れてしまいました。

12.マルチ商法の勧誘トラブルにあった 31歳女性

被害時の年齢:29歳

相手は婚活という雰囲気では無かったものの何度かメッセージをやりとりしてから会ってみました。

最初はお互いの趣味の場所に行ったりスポーツを楽しんだりという風でしたが、何回か会ううちに少しずつ相手の友人がやっているという簡易的な料理教室だったり飲み会に誘われるようになります。

実際に行ってみたら最初は料理教室とかだったのが、最終的に商品の説明になっていったり、飲み会もマルチで稼いでる人の主催だったりというのが増えてきて、だんだんとサプリや化粧品を勧められるようになりました。

直接的な会員への誘いはなかったものの、セミナーに参加させられそうにもなりました。

その男性はペアーズだけでなく、他のマッチングアプリにも同じように登録していたり、Facebookでもペアーズで見たことある人が結構登録されていました。最後に会った日に、体調が悪いと伝え帰宅してからは連絡を絶ちました。

※以下より、ペアーズで男性が遭遇したトラブルや被害を紹介します。

1.フェイスブックで嫌がらせされた 37歳男性

被害時の年齢:34歳

ペアーズでマッチングしてLINE交換だけしたけど、まだ会っても付き合ってもいない相手からフェイスブックに嫌がらせを受けたのでブロックしましたがひどい目に遭いました。

ペアーズでこちらからいいね!を送ったところ女性とマッチングしました。極普通の人に見えたので他の人と同じように、メッセージやり取りの後フェイスブックを公開しました。

普通は公開しても相手の全体公開の情報をざっと見る程度なのにその女性はいきなり友達申請して来ました。急展開を期待してしまった自分が馬鹿でしたが承認して友達として繋がった後、LINEでやりとりを始めました。

LINEでやりとりしていくうちにその女性は勝手に自分と付き合っているかのように振舞ってきたので面倒になり暫く放置していました。

ある日夜中に気が付くと自分のフェイスブックの投稿や写真にかたっぱしからその女性のいいね!が200件くらい付いていて最新の全然関係ない別の男友達と飲みに行った投稿に「あなたはひどい人ですね。」「忘れたとは言わせませんよ。」とかの恨みコメントが付いていました。

あわてて夜中のうちにその女性をブロックしてコメントを削除したので、リアル知人には見られていなかったと信じたいのですが素性のわからないペアーズでマッチングしただけの女性とフェイスブックで繋がると何があるかわからないと勉強になりました。

2.美人局の被害にあった 28歳男性

性別:男性 現在の年齢:28歳 被害時の年齢:25歳

これは私が25歳の時の話です。私はフェイスブック上でペアーズを利用し、実名、勤務先、年齢など基本情報はオープンにしており、相手方も同じく基本的な情報は公開されてました。

メッセージでやり取りしはじめて、実際にお会いしたときに、プロフィール写真とは全然違う女性がその人を名乗っていました。また連絡のやり取りからは分かりませんでしたが、実は既婚者でした。

その女性と会ってからお店で話をしているところに「よくも人の妻に手を出したな」といって旦那と名乗る男が入ってきたのです。

その時点ではお会いしたばかりですし、プロフィール写真と違う目の前の女性に興味は全くなかったので、端的に私が騙されたとお伝えしそそくさと退席しました。

遭遇のタイミング的に旦那ぐるみであったのかと思います。特に実害はありませんでしたが、無駄な時間を過ごしました。

3.相手が既婚者だった 25歳男性

被害時の年齢:24歳

一年ほど前、先々の結婚を見据えマッチングアプリのペアーズに登録していました。その中で気になる29歳の女性がいたので、食事や遊びに誘い外に出かけるようになりました。

その時はとても楽しく過ごしていたのですが、のちに相手方が既婚者であることが発覚しました。デートの食事中にLINEの通知音が複数回鳴り不審に思ったので問い詰めたところ、既婚者であり遊びのためにペアーズを利用していたことを知りました。

最初にマッチングしたときにメッセージで彼氏や夫がいないか確認を取っておりましたが嘘をついていたようです。

私は単なる遊び相手として選ばれていたようです。デート代でもかなりお金がかかっていましたし、何よりそういう人に費やしてしまった時間が本当に無駄だったと今では思います。

ペアーズに登録されている方全員がそういうわけではありませんが、中にはそういった遊びの人もいるという意識がないとコロっと簡単に騙されてしまいます。

自身が騙されない自信あったとしても、恋は盲目で、判断が鈍ることもあるのだと感じました。

4.相手に婚約者がいた 44歳男性

被害時の年齢:40歳

ペアーズでマッチングした35歳の女性とは、早めにラインの交換をしました。それからは毎日暇な時間を見付けては、彼女とラインをしていました。

話も合う感じだったので、私としては早く初デートの約束を取り付けたかったのですが、彼女は”忙しい”とか”両親の体調が悪いから”と約束をしてくれません。

そう言っていたのに、ラインの返事は毎回すぐだったので、違和感を感じてはいましたが・・・。ライン交換から3ヵ月後、やっと初デートの約束をし食事の約束をしました。

お店は彼女が行きつけだという、イタリアンのお店。雰囲気も良く、料理もなかなかでした。その日は食事だけで終わり、お互い帰りました。

帰宅してからラインをしましたが、既読スルー。翌日は休みだったので朝ラインをしてみるも、またまた既読スルー。昨日の何か嫌われる事でもしたのかと心配になり、嫌いになったんならはっきり言って下さいねとラインすると、ようやく返信がありまました。

”私、実は婚約者がいます。結婚するともう遊べないかもなので、○○さん(私)と昨日デートしましたけど、途中で婚約者の顔が出てきて辛かったので食事だけで帰りました。

本当はもっと一緒にいて遊びたかったんですけど・・・。ですからもうお会いできません、さようなら”。このラインの後、即ブロックされてしまいました。

何だか狐につままれた様な出来事でした。婚約者がいる彼女がペアーズにいる事にも腹は立ちましたが、何だか虚しいというか悲しいというかそんな気分になりました。

5.勧誘を受けた 26歳男性

被害時の年齢:24歳

ペアーズで初めてメッセージのやり取りが続いた異性であり、趣味も合い、お酒も好きという中で非常にいい人だと感じていました。そのため、一度会うような話を私の方から来ました。

お酒が好きという話をしていたのに、昼にカフェで会いたいという希望でした。初めてだったので、いきなり飲みはなかったのかと思いながらランチしながら話す事にしました。

土曜日でしたが、女性は大きなバックを持っていました。これから出張なのかと思いながら、最初はたわいもない話をしていました。仕事の話をして、疲れているという話をした時でした。

然、”何か健康を気にしている?”と聞かれました。そこから、私はこれを使っているんだよという売り文句で商品を取り出し紹介してきました。

”これって、購入の勧誘?”と笑いながら聞くと”いや、薦めたいだけだよ”と笑顔で返されましたが、大きなバックの中から取り出した事を考えると、健康食品のセールスだったのかな、と感じました。

笑って、”お金もそんなにないから、そういったものにお金を使えないんだよね”といい、私がジムに通って健康を維持している話をしました。

それでも、”それなら、この製品がオススメ出来るよ”などと言われたので、”初対面の人から買う気はない”と強くいうと、”わかった、それなら解散しようか”といわれました。

6.ネットワークビジネスへの勧誘だった 22歳男性

被害時の年齢:20歳

Facebookを見ていてペアーズと言うアプリが出てきて、当時は出会いもなくすごい魅力的なアプリだと思いました。何人かにいいねを送っていると25歳の女性とメッセージができるなりました。

その人は 25歳にして独立をしていて世界中を飛び回っている人でした。メッセージを重ねていると趣味があったり好きなものが一緒だったり共感できる点がたくさんありました。

LINEも交換し勇気をふりしぼり実際に会っていませんかとLINEを送ったところ快く会っていただきました。その日は恵比寿で会いましてカフェで1時間位お話しをして凄い楽しかったのを今でも覚えています。

また会いたくなり 1週間後位にまた会うことになりました。当日同じようにカフェで待ち合わせをし、話をしていると明日の講演会に一緒に参加しない?と誘っていただきました。自分も独立に興味があったため行くことにしました。

参加してみると入会金のようなものを払わされそうになりこれは危ないなと思いどうにか支払わずに済みましたが、これが勧誘なんだというのを今でも覚えています。

入会金を支払わされそうになったためこんなのは聞いていないと拒みました。その後は彼女からの連絡も一切来なくなりました。世の中いろんな人がいるなと思いました。

スムーズにメッセージがやり取りできる人、独立してる人、やたらに会いたがる人そんな人たちはこういったネットワークビジネスなどの勧誘があることを知っておいてほしいです。

7.ねずみ講の勧誘、宗教の勧誘 27歳男性

被害時の年齢:26歳

とてもキレイな20代前半の女性と連絡先交換して、3日ほどメールでやりとりしました。その女性から「会いたい」とお誘いがあり、ペアーズに入会して良かったな!と思いました。

そして、実際会ったら、ねずみ講の勧誘でした。カフェで会って早々に、10枚ほどの紙を手渡されました。そこには「かんたんな儲け方」としてネットワークビジネスの良さがずらずら書いてありました。

最初はなんのことか分からなかったのですが、その女性から「興味ある?」と問われて、「これがねずみ講の勧誘なのか!」と驚愕した覚えがあります。

私は純粋に結婚相手を探しているにも関わらず、時間とお金を無駄にされ、精神的にも辛かったです。相手が女性だったので、多少強引に勧誘されても恐怖心は覚えなかったですが、嫌な気持ちになりました。

ねずみ講の勧誘をその場で断りました。そして、その帰り道でペアーズを退会しました。また、数人ペアーズで連絡先交換した方とも連絡を絶ちました。”

8.会った後に途中ですっぽかされた 38歳男性

被害時の年齢:35歳

“出会いもないしアプリて使ってみようと思いペアーズをインストールしてみました。趣味が合いそうな29歳の歳が近い方を見つけ、いいね!をして暫くしてやり取り開始しました。

趣味だけでなくお互いの価値観もあって毎日楽しくメッセージのやり取りを交わし、1ヶ月程度で会ってみましょうという話になりました。

都内の某所で待ち合わせをしまして、顔合わせをしてお互いを確認し、そのまま予定通りホテルのラウンジで食事をしました。

食事後に、「ちょっとトイレに行くからロビーのソファーで待っててね」と言われ、言われるままに待っていたら、いくら待てども相手は戻って来ず、メッセージを送っても全く反応が無く、30分後に自分は鴨にされたと気付きました。

多分相手は慣れていて高いタダメシを奢らせてバックレることを繰り返していたのでしょう…