元カノが忘れられない。元カノを忘れたい。元カノの忘れ方を知りたい。そんな、あなたの為に、実際に元カノを忘れる事に成功した男性に、どうして忘れたのかを聞きましたので、お伝えします。

あなたにも出来そうなものをやってみて、元カノを忘れる事ができたらいいですね。

元カノを忘れる為には、どうすればいい?

スノーボードに通い詰めた 26歳/栄養士
とにかく新しい恋愛をする 43歳/会社経営
髪を切った 21歳/温泉施設
女遊びをした 歳/居酒屋
車を買い替えて新しい彼女も♪ 42歳/フリーランス

スノーボードに通い詰めた 26歳/栄養士

3年前の冬に、6か月付き合った彼女と別れました。原因としては、あちらに他に好きな男性ができたということでした。とても辛く、胸が張り裂けそうでした。

とりあえず、彼女のことを考えなくても済むように毎日趣味のスノーボードにいきました。滑っている最中は楽しさもあり彼女のことを忘れることができたからです。

しかし、休憩しているときや道中はどうしても彼女の顔が頭をよぎり非常につらかったです。春までスノーボードに行きつめているころには、段々と彼女のことを考えないようになっていました。

とにかく新しい恋愛をする 43歳/会社経営

高校時代に2年間付き合った彼女と、大学がお互い県外でバラバラになるという事で、離れたら別れるだろうから、という利用でフラれました。

個人的には全く納得出来なかったのですが、どうしようもなかったので、とにかく新しい彼女を作って紛らわそうとしました。それによって心の穴を埋めたかったからです。

具体的には、大学の色んな新歓コンパに出まくって多数の女の子に声をかけ、脈がありそうなら直ぐ付き合ってみるというものです。
今思えばあまりにも子供なやり方だったと思いますが、少しでも早く忘れたいという一心でした。

付き合っては前の彼女と比較して前が良いという理由で別れ、また別の人と付き合いますが同じく別れてしまう、という意味ない行動を2、3回繰り返しました。

こういう事を半年くらい続けた後、ようやく良い人と巡り合う事が出来、前の彼女を良い思い出にする事が出来ました。やはり、失恋の傷は新しい恋愛で埋めるのが良いかと思います。

髪を切った 21歳/温泉施設

忘れられないまま3ヶ月が流れ、僕はある日ふと、髪を切ろうと思いました。何かキッカケがあった訳でもありません。当時の僕は、女性でいうショートボブぐらいの髪の長さで、目が隠せるほど前髪も長かったのです。

それを、理髪店でバッサリ切ってもらい、ちょうど、学生の就活ヘアと呼べるくらいには短くなったと思います。そうすると、髪の毛を切った分、余計な考えも切り取られたかんじで、視界が開けて身体的にも精神的にも軽々しくなりました。

女性が失恋すると髪を切る、という感覚が分かったような気がしました。

職場にいくと、「どうしたの?」とも声をかけられましたが、女性社員から「短い方がいいよ!」とか「カッコよくなった!」とも言われ、お世辞であるとはわかりつつも、仕事へのモチベーションと女性に対しての自信も取り戻していました。

それから1週間後には、彼女のことを未練たらしく考えることはなくなっており、自分でも驚きの効果だと実感しました。

今は、一つ年上の先輩にアプローチ中です。あのとき、ふと髪を切ろうなんて思っていなければ、僕は女性へのアプローチさえもしていないだろうと思います。

女遊びをした。 歳/居酒屋

“今から10年ほど前の24歳の時の話です。7年ほどつき合った彼女と別れる事になりました。原因は彼女の浮気です。発覚してから話し合いを行いましたが、彼女の方から別れを告げられ「お互いのために」と別れる事にしました。

分かれた直後は、つき合っていた期間が長かったこともあり彼女の事を忘れることが出来ず、毎日お酒で気を紛らわせていました。しかし、そんな自分が嫌になり前向きに生きようと決心しました。

その思いがキッカケで友人と遊ぶ時間が増え、さらにそのおかげで新しい友人が出来、そこから紹介や飲み会で女性と出会う機会も増え、最初は不慣れな感じだったのが徐々に女性とのやり取りも慣れていき、いつのまにか元カノの事も頭から無くなっていました。

それから数年、友人とも遊び、女性とも遊び、いつのまにか僕自身が昔ではありえないぐらい社交的になっていました。今になって思えば元カノと別れて”前向き”になれたことが一番良かったのかなと思います。

別れた直後は本当につらいです。でも、友人はいつでも味方です。辛い時に頼れる友人がいるのは幸せなことです。

車を買い替えて新しい彼女も♪ 42歳/フリーランス

今から18年前の24歳の時の話になります。9ヶ月付き合った彼女がいましたが、他に好きな人が出来たと言われ一方的に別れる事になりました。

振られてしまった私は彼女の影を引きずる様に、暗く重々しい毎日を送る事になりました。

あまりに酷かったのか仕事のミスも目立ち始め、それを職場の先輩方が気にしてくれて、女性がいる飲み屋などに連れて行ってくれたり、ゴルフに誘ってくれたり・・そんな気持ちが嬉しかったのですが相変わらず彼女の影がありました。

そんな時に気付いたのが車です。思い出があり過ぎて、乗っているだけで助手席に彼女がいる様な気がしていました。振られてから半年後、私は気持ちを一新させようとこの思い出が詰まった車を手放しました。

代わりに買ったのが乗っていて楽しそうなスポーツカーです。

仕事の行き帰り、プライベートなど車に乗っていてようやく彼女の影が無くなり気持ちが晴れた様な気がしました。職場でも私の様子が戻っているのが顔に出ていたのか、「おっ、新しい車にしてだいぶ元気出たな♪」なんて言われるように。

この頃から仕事も順調で私は営業職だったのですが、その後全事業所1000人以上の中で半期売上のトップ3に入り初めて表彰され、優秀セールスマンの証しのバッチを貰いました。

そんな時にいつも行っていたガソリンスタンドに新しい女の子が入り、私の車種が好きだったようで何度かドライブするように・・。

一緒にいる時間が長くなるに連れてすっかり好きになってしまいました。その後思い切って告白し付き合う事になり幸せいっぱいです。

今思い出すまで元彼女の事はほぼ忘れていました。心の隙間を埋めるのは結局新しい彼女なんですね♪いや、今は彼女じゃなくて妻なんです♪