競馬女子と出会いたい。競馬女子の彼女がほしい、恋愛したい、結婚したい。そんなあなたの為に出会い方や、出会ってから仲良くなり交際するまでの、婚活・恋活の方法をご紹介します。

競馬女子との出会いは、どうすればいい?

実際に競馬女子と出会い交際する為に、みんなの口コミや体験談からヒントを得る事はとても重要な事です。さっそく出会い方、口説き方、婚活・恋活の方法をみてみましょう。

口コミ・体験談1 男性 38歳

競馬女子と出会いたいときは、もちろん競馬場に行くことなのですが、そのなかでも一番出会いやすいのはパドックを見るところです。

競馬が好きな女性はもちろん勝つためにパドックに行って様子を見ているのも確かですが、単にかわいいから見てると理由もあります。ですのでパドックはわりと女性の方も多いです。

そこで軽く「どの馬にかけるのですか?」なんて話しかけてみるのも良いでしょう。本気の人でも、ただ見てるだけの人でも話が進むのではないかと思います。

または芝生の休憩場なんかも出会える確率は高いです。レースの合間に日向ぼっこと言わんばかりに休んでいる人かいるので、そこで声をかけるのもきっかけのひとつと言えるでしょう。

競馬に詳しくなくても、ここにいる以上は最低限、馬は好きなので、「今日は調子どうですか?」なんて言いながら接していけば、少しずつ距離も近づけることでしょう。

もしそこで仲良くなればそのまま一緒にレースを見に行くのも良いですね。

口コミ・体験談2 男性 50歳

競馬女子と仲良くとなると、まずは競馬場で探そうとするのが近道のようですが、実は間違っています。競馬場に来ている女子は、正確にはカップルではなく女子だけで来ている人たちは、かなりマニアな人たちが多いため、簡単にナンパなどは引っ掛かりません。

彼女たちは「馬」か「騎手」のファンでありことが多いので、もし敢えて攻めるのであれば、そのことを理解した上で声を掛けて下さい。まあ、相当の知識が無ければ相手もされないと思います。

むしろ攻めるならば、これから競馬女子になりそうな「競馬女子候補」的な女子を誘う方が楽だし成功率も高いと思います。

私の場合は職場でさり気なく競馬の良さをアピールして、興味を持った女の子に「暇だったら、今度お馬さん見に行こうよ。実際に生で見るとキレイだよサラブレッドは」などと誘います。

実際にそれで、アルバイトに来ていたムチムチ体形の女子大生と競馬場に行き仲良くなった経験があります。

口コミ・体験談3 女性 33歳

私が競馬女子なので理想の出会いはいきなり競馬場で話かけられても怖いので、理想の出会いはまずはSNS等で競馬好きのコミュニティで仲良くなりサイト上で何回かやりとりをして、かなり仲良くなって、もし家が近ければまずは男女数名で競馬観戦しに行きたいです。

グループで何回か競馬場に一緒に行けば相手のことはわかると思うので段々二人きりでいくように仕向けてまだまだわからないことが多いので色々と教えて頂きたいです。

レースが終わった後に夕御飯を食べた後に告白されたいです。そこでめでたくOKならデートは毎回競馬場デートだとさすがに寂しいので、普通のデートと競馬場デートを交互にしてもらって、競馬場デートの時は一緒に予想したり、応援したり、レースについて熱く語り合いたいです。

二人でもうけたお金で、次のノーマルデートは豪華にすれば馬券買うときもすごく盛り上がると思います。ノーマルデートでは競走馬の産地の牧場なんか見に連れていって貰ったら嬉しいですね。

口コミ・体験談4 男性 33歳

競馬女子との出会い方は、2つあります。1つはすでに競馬を好きな女子と仲良くなること、もう1つは競馬のことを良く知らないけど、知ったらハマって自然と競馬女子となるパターンです。

最初のパターンに関しては、まずは自分が競馬が好きということを全面的にオープンにせずとも親しい人には話をしておく程度に知ってもらうことです。

そうすれば人づたいに知り合いの知り合いが競馬が好きということもありますし、また、馬関連のグッズを持っている女子を見かけたら、積極的に競馬が好きかということを聞いてみることです。実際に好きということであれば、それで出会うことができます。

後者に関しては、競馬に興味があるけど、行ってみるのには勇気がいるという女子が最適です。自分が連れていってあげるということでデートの口実にもなります。

また、付き合うためには、競馬に関する知識が豊富にあることやうんちくを多く語りすぎないこと、馬券ばかりに目をむけないこと、純粋に馬が好きなことをアピールし、気が合えば、それで付き合うことはできるはずです。

口コミ・体験談5 男性 29歳

競馬の何が魅力か。それは男女問わずのものがあります。自分にとってはギャンブル性と、単純に馬が好きという大きなふたつの側面があります。

では、女性にとっては何なのか。馬が好きという部分に関しては、男女とも共通の部分で一番取っつきやすいところではないでしょうか。例えば、自分は「芦毛」の馬が好きです。

最近で言うならゴールドシップがそうでしたね。女性の競馬ファンの中にも芦毛が好きという方はかなり多く、自分の周りにも結構多い印象があります。

芦毛の馬の話に花を咲かせるのは、競馬女子と仲良くなる上でかなり、いいポイントだと思います。それから、後は本格的に競馬が好きな人も少なくありません。

血統や馬場状態、騎手などなど深く掘り下げた部分を好きな人もいます。それが分かったら、その女性が興味のある分野をとにかく勉強です!競馬だけに関わらず、自分が好きな分野について深く話せることは大きなポイントになります。

ということで、その「競馬女子」の方がライトファンなのか、ヘビーファンなのか見極めて、関わっていければいいですね。

競馬女子との出会い方、婚活・恋活方法

競馬女子との出会いには、以下の場所などが良いようです

  • 競馬場
  • 周りの人間
  • SNS

競馬好きの女子と出会うには競馬場の他にも、周りの人に競馬好きをアピールして紹介してもらう方法や、競馬好き同士が集まるSNSで出会う方法があります。

競馬場ではナンパになってしますし、周りの人間はいつ紹介してくれるか分からないので、SNSが安全かつ効率的かなと思います。しかし、恋愛としての出会いを求めているかは別です。

競馬女子と、恋愛まで発展させる為には以下の事に気をつけないといけません

  • 競馬の良さをアピール
  • 競馬好きをアピール
  • パドックで声をかける
  • 競馬や馬事を教えてあげる
  • 数名でデート

競馬をがっつり好きな女性より、好きになる女性の方が落としやすいみたいです。それと、SNSで出会う場合は恋愛感情バリバリではなく、仲間として接して時間をかけるのが重要です。

日本人女性はナンパを嫌う傾向があるので、いかに自然に話しかけるか、自然に競馬好きにさせるかが腕の見せ所ですが、難易度は高いです。

口コミの女性のようにSNSで時間をかけて仲良くなり、数名で競馬場でデートをしてってパターンがいいんでしょうね。その女性に、ただしイケメンに限る。とは言わないでもらいたいのが私の願いです。

どうでもいい話をしますが、昔に私は好きな子がいて、その子は好きになったり付き合うのは時間をかけるのがいい。最低でも3ヶ月は友達期間がないとダメ。とか言うときながら、ボードで知り合った男と1週間で付き合ってましたけどね。

さて、そんな話はどうでもいいんですが、競馬女子と付き合うには、自分がどのパターンが合っているかよく考えてみてください。